使うとすぐに恋に落ちる!森に隠された癒しのクレンジングオイル

Posted by みわこ佐藤 on

ジュニパー


夏は発汗や蒸し暑さによる皮膚アレルギーの発疹が気になりませんか?

特に蒸し暑い気候では、にきびを引き起こすことを恐れているので、油性のメイク落としを使用することをさらに恐れていますか?

生理期間中のアンドロゲンの含有量やアンドロゲンとエストロゲンの比率が相対的に増加するため、皮脂腺の活動が増加しやすく、にきびの悪化を引き起こしやすくなります。

忙しいあなたは、毎日話したり画面に書き込んだりする必要がある業界にいます。一日中疲れ果ててくぼんだ感じがしやすいです。このとき、ジュニパー、アトランティックシダー、ベチバーマッサージを使用したり、お風呂。、木質で落ち着いた雰囲気は、サポートと安定性をもたらすだけでなく、積極性と活力をもたらします。

 

チャニダ-草本の保湿クレンジングオイルに含まれるジュニパーや枝葉から抽出した成分を使用し、洗い流しの癒し効果を発揮します。

 

【スキンケア】-ジュニパーは、毛穴の詰まり、ひどいニキビ、白癬など、さまざまな肌の問題に効果があります。ジュニパーは、脂性肌の友達にもよく勧められます。皮脂分泌のバランスを取り、ニキビや皮膚炎を治療し、毛穴を引き締めて、肌を清潔で白く保ち、脂性肌に良い効果をもたらします。



【生理レベル】・ジュニパーは殺菌・解毒効果が高く、これまでフランスの病院では感染を防ぐためにジュニパーの枝やローズマリーを焼いていた。皮脂を殺菌・抑制する効果があるため、思春期のニキビの治療にも最適で、肌の調子を整えるだけでなく、劣等感を和らげ、子供の自信を高めます。



[心理レベル]-劣等感、嫉妬、憎しみ、その他の極端で否定的な心理など、精神内の余分な毒素を排除し、平和と光を回復することができます。気が散る考えを取り除くことに加えて、ジュニパーが疲れた心を補充することができることも聖書に記録されています。ジュニパーは、疲れたとき、特に脳を使いすぎたときに力をもたらすことができます。



したがって、これがジュニパーがアロマセラピーの分野で広く使用されている理由の1つです。

 

 

 

画像ソース:Pinterest

← 前の投稿 新しい投稿 →



コメントを残す